しみ と しわ

『1年で、一番老ける秋の肌』

 

大手化粧品会社の肌年齢調査では、6月と9月に肌年齢を計測した結果、

秋はシワ、キメに関する 肌年齢が、平均3歳以上もUP!

この時期のスキンケアはかなり重要!夏のダメージを残さず、冬を迎える準備をしましょう。

 

秋に気になりやすい「しみ」「くすみ」「しわ」

夏の強い紫外線ダメージが表面化

健康的な肌のターンオーバーは28日。そのため、夏の強い紫外線により肌内部に蓄積した過剰なメラニンが表面化して、シミが出てくるのは秋。

過剰なメラニン&乾燥毛穴・たるみ毛穴

過剰なメラニンが表面化してくすみになるのは、シミの前兆。また、秋の乾燥によりハリを失って、乾燥毛穴やたるみ毛穴が目立つようになります。そうすると肌の凸凹の影ができ、くすみとなります。

夏から秋への温度、湿度の変化による乾燥

秋は湿度も温度も低下し、肌が乾燥しやすい環境に。気温が下がると血流が悪くなり、栄養が肌に届きにくくなることで乾燥を招きます。さらに、皮膚温が下がると化粧水や美容液の浸透も悪くなるので、知らぬ間に乾燥やしわを招きます。

 

■   ■   ■   ■   ■   ■

秋のスキンケアポイント

1.秋こそホワイトニング効果のある化粧品を使用して、紫外線のアフターケアを!

2.ターンオーバーを整えて、肌内部の過剰に残ったメラニンを残さず排出!ダメージを残さない!

3.ローションパックやマスクのスペシャルケアをプラス!たっぷり保湿ケアを!

■   ■   ■   ■   ■   ■

 

関連記事

  1. メスのいらない美容整形 【日本人のための次世代グリーンピール…

  2. しつこく繰り返すニキビには

  3. “SPF50だけど肌再生” 間違いな…

  4. 「目」は口ほどに物を言う!?コロコロ転がすアイセラムが新登場…

  5. なんで痩せられないの!?あなたはどのタイプ?

  6. 新潟ロケ★映画『ミッドナイト・バス』

最近の記事

  1. しみ と しわ

    2021.09.5

PAGE TOP